川又賢治騎手(栗東・森秀行厩舎)は、阪神6Rで11番マテラスカイに騎乗し1着となり、JRA初勝利を挙げた。森 秀行の弟子にあたる。

候補生時代

厩舎のドバイ遠征に同行、現地で調教にも騎乗

デビュー週

週末の中央デビューより先に地方競馬で初騎乗 。特別戦で2番人気の有力馬に騎乗(結果は6着)

2週目

同期一番乗りで初勝利を挙げる

3週目

特別戦で初の馬券圏内(3番人気3着) 初の関東遠征で馬券圏内(8番人気2着)

4週目

初めてOP戦(メインレース)に騎乗。

森調教師(森 秀行)

日本中央競馬会 (JRA) 栗東トレーニングセンター所属の調教師。調教助手を経て1993年より開業。1990年代半ばより盛んとなった日本馬の国外遠征を牽引した。日本調教馬として初めてヨーロッパG1競走制覇を達成した。受賞歴はJRA賞優秀技術調教師3回、同最多勝利調教師2回、同最高勝率調教師1回。

中央競馬の枠組みの中で戦っている限り、それは定められた総賞金というひとつの山を何百人かの調教師で奪い合っているにすぎない。しかしその枠組みから外に飛び出していけば、”山”はひとつではない。力さえあれば賞金の上限はそれこそ無限に近くなる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で