一般社会とは異なり競馬サークルは2月が年度末となっており、騎手や調教師が引退、また勇退するのもこのタイミングになることが殆どである。そして年度替わりの3月は新人の季節となっている。今年デビューするのは5名。

美浦トレーニングセンター所属

木幡育也(こわたいくや)藤沢和厩舎

木幡広の三男にあたる。親子4人が現役騎手となるのはJRA史上初めてのことで、一般紙にも「同じレースで4人で騎乗するのが夢。なかなかできることじゃないからね」という父・木幡広のコメントが掲載されていた。次男の木幡巧が昨年デビューで45勝、美浦所属としては08年三浦皇成以来となる新人賞に輝いたことからも注目を集めそう。

横山武史(よこやまたけし) 鈴木伸厩舎

横山典の次男。前々から「アイツは天才だ」との呼び声も高く、実際に競馬学校時代の模擬レースでは常に上位争いをしていた。長男でデビュー7年目の横山和と比べても「カズオよりもずっと上手い!」との声が大きい。

武藤雅(むとうみやび) 水野厩舎

調査中

栗東トレーニングセンター所属

川又賢治(かわまたけんじ) 森厩舎

騎乗技術が優秀だった生徒に贈られる『アイルランド大使特別賞』を受賞した。昨年デビューして25勝をあげた坂井瑠とは中学の同級生。森厩舎での研修中には重賞勝ち馬ネロの調教にも跨った。レースでも早々に有力馬に乗せてもらえる可能性は十分。

富田暁(とみたあかつき) 木原厩舎

調査中

美浦と栗東について

関東が美浦トレーニングセンター、関西が栗東トレーニングセンター。美浦と栗東は地名で、美浦が茨城県の美浦村、栗東が滋賀県栗東市にある。騎手や馬や調教師も、それぞれどちらかに所属している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で